Sample Image

プラセンタの摂取方法

プラセンタという言葉をご存知でしょうか?

言葉の意味そのものとしては、『胎盤』を指すのですが、
一般的には、胎盤からグロースファクタなどの成分を抽出した物を指すことが多いです。

美容や健康に効果があるという事で、特に女性から高い人気を集めています。

そもそも胎盤には、胎児の成長を促す細胞増殖因子が含まれており、
細胞分裂のスピードを速めることが出来ます。

細胞分裂は、人体の細胞を新しく健康な細胞にし、
身体を健やかな状態を保つことが出来るのです。

美容に対する効果も高く、美白・美肌・若返りに役立ちます。

また、ホルモンバランスを整える効能もありますので、
女性ホルモン(エストロゲン)が著しく減少することによって起こる、
更年期障害や肝臓の病気の治療など、医療用としても活躍しています。

病院で治療として摂取する場合は保険適用で受けることが出来ます。

摂取のコツ・ポイント

プラセンタにはいくつかの摂取方法があります。

医療として病院や美容外科などの医療機関で受ける場合は、
効果の高いヒト由来の物を注射で受けることが出来ます。

しかし、更年期障害や肝臓の機能障害といった
病気の治療以外の目的で受ける場合は保険適用となりません。

他には、サプリメントやドリンク、美容液などで摂取することも出来ます。

この場合は価格も比較的手ごろになりますので、
美容目的で摂取される場合は始めやすいのではないでしょうか。

一日の摂取量としては、300r〜500r程度とされています。

ただし、1000r程度の摂取ではより早い効果が期待できます。

少なすぎても効果は現れず、
年齢や体調によっても適量は異なりますので、
500r〜1000rからはじめてみると良いのではないでしょうか?

摂取量に関しては、多すぎるとニキビが出来たりしますので、
摂取によってニキビが出来たら量を少し減らしてみましょう。

副作用の有無(注意点など)

基本的にプラセンタに副作用はないと考えてよいでしょう。

まれに、アレルギーなどを起こす場合もありますが、安全性は極めて高いと言えます。

しかし、動物性プラセンタの場合はヒト・豚・牛などの胎盤を使用しますので、
感染症がゼロとは言い切れません。

とは言え、これまでに感染例はないので、
100%安全と言えるわけではないという事を覚えておきましょう。

また、生産国や品質管理についてはご自身でも厳しくチェックされるべきだと思います。

というのも、価格だけで選び、外国産の品質管理のあまい製品を使用してしまうことは、
安全性が確保されているとは言い難いからです。
活性酸素除去作用について解説しているサイトもありました。

Copyright(c) 2012 The power of Placenta All Rights Reserved.