Sample Image

あなたにピッタリの製品タイプ

プラセンタの摂取方法にはさまざまなタイプがあります。

例えば、『サプリメントタイプ』『ドリンクタイプ』『医療機関での注射』など…

それぞれにメリット・デメリットがありますので、
ご自分に合うと思う摂取方法を見つけてみると良いでしょう。

もし、生活スタイルや金銭面でご自身に合わない方法を選んでしまった場合、
継続することが出来なくなり、効果が得られなくなってしまいます。

手軽なものを選んだり、高価や即効性の高いものを選んだり、
続けられる価格帯の物を選んだり、人それぞれピッタリの方法は異なりますので、
摂取を始める際の参考にしてください。

サプリメント

サプリメントタイプのメリットとしては、
『摂取量の把握や調整がしやすいこと』
『商品によってはプラセンタ以外の美肌成分などが配合されていること』
などがあげられます。

また、サプリタイプは持ち運びが簡単ですので、
外出先で手軽に摂取することが出来ます。

通販で気軽に購入できるのもメリットの一つです。

デメリットとしては、本当に良い製品を選ぶのが難しいことです。

例えば、薄められていて有効成分の含有量が少なかったり、
明記されていない事もあります。

基本的に、品質の管理方法、原料の産地、成分ごとの含有量については
明記されている物を購入するようにしましょう。

ドリンク

ドリンクタイプのメリットとしては、
『サプリよりも一度で多くの有効成分を摂取できる』
『摂取頻度が少なくて良い』
というものがあげられます。

摂取頻度としては、一週間に2〜3回程度です。

また、サプリに比べると即効性があります。

デメリットとしては、飲み物の為、独特の味があるという事です。

味が苦手な方は、サプリメントや注射がよいかもしれません。

サプリメントやドリンクタイプでの摂取の場合の理想的な期間が
http://www.sports-net.jp/risoutekina.htmlにかかれていますので、
是非参考にしてください。

注射

注射のメリットは、やはり
『ヒト由来のプラセンタを摂取できる』
『効果や即効性が断トツで高い』
という事です。

デメリットとしては、
病気の治療ではなく、美容目的の場合は保険適用にならず費用が高いこと、
病院やクリニックに通う必要があること、
プラセンタ注射後献血が出来なくなること、
があげられます。

献血が出来なくなる理由は、
プラセンタ注射による『ヤコブ病』感染の可能性がないとは断定できていないからなのです。

ヤコブ病は、検査方法も確立されておらず、
感染後発症したら寝たきりとなって1〜2年という短期間で死に至るという病気です。

といっても、これまでにプラセンタ注射を受けた人の感染例はありません。

しかし、医療行為で感染することがあることから、
万が一のために献血が出来なくなっています。
こちらのサイトの美白などの美容効果などもご覧ください。

Copyright(c) 2012 The power of Placenta All Rights Reserved.