Sample Image

プラセンタの不安を解消

摂取で太る?

基礎代謝を向上させ、さらに血行促進を促すことで脂肪の蓄積を妨げ、
成長因子(グロースファクター)によって
筋肉量を効率的に増やすことでダイエットに効果的なのですが、
逆に太るのでは?と心配する方もいます。

というのも、身体が健康的になる為、
一時的に食欲が旺盛になるケースがあるからです。

これに関しては、基礎代謝が向上することから
どんどんエネルギー消費量も上がっていきますし、
筋肉量も増えますので、脂肪の燃焼効率も高まっていきます。

一時的に体重の増加は見られますが、
それほど心配することはないでしょう。

早く痩せるという事よりも、
健康的に痩せる身体を作ることができますので、
リバウンドしにくいダイエットを成功させることが可能です。

アレルギー?

プラセンタは、アレルギーを改善する作用があることでも知られています。

免疫力向上に役立つため、
アレルギーで悩む方には非常に心強い味方なのですが、
ごく稀にプラセンタ摂取によるアレルギーがおこるケースもあります。

というのも、原料は植物性から動物性まであり、
原料となっている物に対してアレルギーを持っている場合
痒みなどの症状を引き起こしやすくなります。

他の原料では問題ない場合もありますので、
諦めずに他の物も試してみると良いでしょう。

妊娠中は?

妊娠中・授乳中に摂取することの安全性に関しては、
『分っていない』というのが事実です。

といっても研究は進められており、意見が分かれている状況です。

妊娠中・授乳中に摂取するメリットも多く、
危険と言い切れるわけではないのですが、胎児に対して安全だという断定も出来ない為、
慎重な判断が必要です。

特に、妊娠・出産に伴うホルモンバランスや体質の変化もあり、
身体はデリケートな状態です。

しかし、とても素晴らしい成分の為、
赤ちゃんのために摂取したいと思う方も多いでしょう。

その場合はやはり、医師に相談するのが一番です。
こちらのサイトもxn--0-kb9b083j.comご自由にご覧ください。。

献血が出来ない?

『変異型クロイツフェルト ヤコブ病』をご存知でしょうか?

プラセンタ注射をすると献血が出来なくなるとされる理由です。

ヤコブ病は、検査方法が確立しておらず、
潜伏期間はタイプによって異なりますが、10年〜50年、
発症から1、2年で死亡してしまう大変恐ろしい病気です。

現在のところ、プラセンタ注射による感染者は出ていませんが、
可能性がぬぐいきれない為に献血は制限されています。

ヤコブ病は120度の熱殺菌にも耐えうる強く恐ろしい病気ですが、
プラセンタ注射に使われるものは140度で加熱殺菌しています。

安全性は極めて高いのですが、それでも100%安全という確証がないのが事実です。

Copyright(c) 2012 The power of Placenta All Rights Reserved.